2015年04月07日

発酵器を自作しました その1

この家は冬はと〜っても寒くて、パンの発酵温度を維持するのが大変でした。
1度開き直って室温に放置したら1週間経ってもダメあせあせ(飛び散る汗)

以前から発酵器が欲しいと思っていたけど、場所取るし、高いし、手が出せずにいました。

あるとき、パン教室の発酵器を眺めていたら、
「あれ、これってすごく単純じゃない?」
と気付きひらめき、まじまじと観察してみたら、ホントに単純。
天板が入るサイズの囲いがあって、熱源があればいいわけで…

そこで単純な私は、
「よし、発酵器を自作しよう!」
と思い付いたわけです。
ネットで検索したら、たくさんの人が自作をしていることが分り、色々な情報を教えていただくことが出来ました。

まずは囲いを何にしようか考えました。
温度を維持しやすいように、断熱性のいい発泡スチロールの箱にしよ〜
と思ったものの、天板の入るサイズの箱がなかなかありません。
家の天板は36cm角なので、内法で40cm位なければなりません。
色々探してみたところ、
09021722_4a9e2b2ca39a3.jpg
http://www.ohyamanet.com/~sworks/shopping/products/detail.php?product_id=71
を見つけました。
なんとかギリギリ天板が入りそうです。
が、予想外に高い!なんと4500円です。
発酵器を買うことを考えれば、ずっと安いけど、発泡スチロールの箱にそんなにぃ?
って思ってました。

3月半ば、つくばみらいに行く時にエスワークスさんの近くを通るので、
「よし、買おう!」
と勇気を出して行ってみました。
で、現物を見たら青い(その頃はHPに写真が掲載されていなかった)…青いのはちょっと…とひるんでしまい、結局、買えず、失敗作だという発泡スチロールの箱を2個いただいて帰る始末バッド(下向き矢印)

なんとか、いただいた発泡スチロールの箱で作ろうと、色々と考えてみたものの、どうもいいアイデアが浮かばずたらーっ(汗)

そんなこんなをしている内に、またつくばみらいに行くことになって、
「よ〜し、今度こそ買うぞ!!!」
と張り切って仕事を片付け、帰りがけにエスワークスさんに寄って買ってきましたるんるん
09021722_4a9e2b2ca39a3.jpg
エスワークスの方はとても親切で、失敗作を分けて下さったり、お値段をおまけして下さったり、ホント感謝していますわーい(嬉しい顔)

につづく…
posted by gina at 18:27| Comment(2) | パン作り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: