2017年06月06日

iphone5のバッテリー交換してみた

 以前、ヤフオクに出品したら、落札者から「液晶が浮いてるから返品します」と言われて戻って来てしまったiphone5がく〜(落胆した顔)

出品前に確認したつもりだったけど、戻って来たiphone5の液晶を指で押してみたら、確かにちょっとブヨっと押せることが分かり、ネットで調べたら、バッテリーが膨れて液晶を押し上げちゃうことがあって、そのバッテリー交換は自分で出来ることも書いてありましたひらめき

そこで、Amazonで探してみたら、

ありました!これこれexclamation×2

購入したものの、自分で出来る気がしなくて、半年ぐらい放置していたんだけど、いつまでも片付かないので、勇気を出して交換してみることにしました。

1.電源を切る。

2.SIMカードを抜く。

IMG_7565.JPG

3.充電コネクタの両側にあるネジをはずす。
 長さが5mmくらいの細〜い特殊ネジなので、セットに付属してきた特殊ドライバーを使います。

4.ネジが外れたら、液晶のホームボタン側に吸盤(セットに付属)をしっかり貼り付け、少しずつ液晶部分を浮かします。
 この時に、吸盤を思い切り引くと、吸盤が剥がれてしまうし、弱く引くと液晶部分が浮いてこないので、力加減を調整しながら、隙間が空いたら、三角おにぎりみたいなへらを差し込んで、少しずつ開けて行きます。

5.全周が外れ、液晶部分を開けると、右上の辺りで液晶が本体とつながっているのが確認出来ると思います。
 ネットでバッテリー交換の仕方を調べると、ここを外すようになっているけど、外さなくてもバッテリーは交換できるので、外さずに、液晶部分を立てて作業を続けます。
IMG_7562.JPG
 左側が古いバッテリー、右側が新しいバッテリーです。

6.右下にあるバッテリーのコネクタを押さえている金属のプレートを外します。
 この時、下2カ所のネジをはずせばOKです。
 これも特殊ネジなので、セットに付属してきた特殊ドライバーを使用します。
 (電源コネクタの両脇のネジとは大きさが違います)
 このネジは長さが1mm程度しかないので、なくさないように注意したほうがいいかも。

7.コネクタを外し、バッテリー右側にあるテープを引き上げてバッテリーを外します。
 バッテリーは両面テープで固定さているので、外れない場合は隙間にへら(金属製のはNG)のようなものを差し込んで浮かせます。

8.新しいバッテリーを取り付け、コネクタを接続します。
 私はこれを適当にやって通電せず、やり直しました。

9.コネクタ部分の金属のプレートをネジで固定します。
 ここで、通電しているかどうか、液晶をはめる前に電源を入れて確認します。

10.液晶部分をはめるときは、上部をしっかり差し込んでから、段々と下の方へ、しっかりはめていきます。

11.最後に電源コネクタの両脇のネジ2個を閉めれば完了です。

IMG_7567.JPG
 無事電源が入りましたるんるん

自分じゃ出来ない…と思っても、やってみれば出来ることもたくさんあるみたいで、まぁ、やってみることが大切なのかも…
posted by gina at 12:45| Comment(0) | 日記

2016年10月18日

Macbook late2008 Aluminium 復活!3

Macbook late2008 Aluminium 復活!2から続く

Windows7のイメージファイルをDVDに焼き、光学ディスクドライブが壊れているMacbookにUSBでドライブを接続し、インストールしてみると…
なんてこたぁない、なんの問題もなくインストール完了!!!

イタリアにMacbookを持って行って作業したけど、これも何も問題なく、
もう8年の前のノートPCが復活しちゃいましたるんるん
posted by gina at 18:08| Comment(0) | PC

2016年10月12日

Macbook late2008 Aluminium 復活!2

Macbook late2008 Aluminium 復活!1から続く

友人が届けてくれたSSDを見たら、容量が80GBしかない!
何を勘違いしたのか、私は100GBだと思ってた…
さすがに80GBは無理だろ〜と諦め、新しくSSDを購入することに。
「いや〜知らぬ間に、なんて安くなってるんだ!!!」
と、感動しつつ、SSDをポチッとし、2.5インチのHDDケースも同時に購入。

翌日届いたので、早速OSインストール作業開始exclamation
OSはAppleのサイトからダウンロードして、外付HDD(元の内蔵HDD)に書込み済。
なんてことなく、OS X EI Capitanのインストールは完了。

IMG_5352.JPG

さて、次はBootCampでWindows7入れるぞ〜
この作業は以前XPでやってるから、自信満々にスタート。
が、BootCamp立ち上げてパーティーション切ろうとしたけど、なぜか出来ない。
マニュアル見て、ネット検索して、色々調べたけど出来ないexclamation×2
ので、どうにも先に進めない。

ここで、Appleのサポートに電話してみた。
私のMacbookは2008年購入なので、もちろん保証切れ。
本来はサポートを受けられないんだけど、iphone6Sから写真のバックアップが出来なくてサポートに電話した際に、バックアップ先のMacbookのOSが古いからかも…と、サポートのおねえさんに教えてもらいながらインストールし直した、という経緯があって、また電話したら対応してもらえちゃったのでした。

が、おねえさんの知識をもってしてもダメで、
「USBメモリを2.0専用のものに変えてやってみて下さい。それでもダメな場合は、Apple本社に確認することになるので、時間がかかります。」
とのこと。
「イヤ、ダメなんだって、出発まで何日もないんだから…」と思いつつ、
仕方なく、欲しくもない2.0専用のUSBメモリを購入。翌日の到着を待つことに。

翌10/12、新しく届いたUSBメモリにOSをコピーしようとしたら、なに?不良品?フォーマットしても、16GBあるはずの容量が200MB程度しかない!何度かやり直してみたけど、結果は同じ。
もう、面倒になって、またAppleのサポートに電話してみたら、昨日のおねえさんじゃなくて、おにいさんだった。
症状を確認して、おにいさんが調べてくれたところ、
「この機種はUSBメモリからのインストールに対応してません」
とのことあせあせ(飛び散る汗)
はぁ???と思いつつ、
「じゃ、Windows7をDVDに焼いてインストールすればいいですか?」と聞くと、
「いや〜純正のディスクじゃないと失敗するかもしれません」って言われたけど、
「とりあえずやってみます」と電話を切った。

心の中では、
「なんで昨日の時点でそれが分からなかったんだ?」
と思いつつも、時間がないので先に進むことに…

Macbook late2008 Aluminium 復活!3に続く

posted by gina at 17:43| Comment(0) | PC